FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シドニーよ!私は帰ってきたァ~っ!!!(1日だけネ)

インディアンパシフィック号に運ばれること24時間強・・・・・
戻ってまいりました、シドニぃ~ッ!!!
ま、明日の早朝にはケアンズに飛ぶんですけどね。

アデレードにて結果的に1週間の休息をとった(移動手段ゲットに手間取った)ので、
気分はリフレッシュ!!と言うか、むしろだらけきった?
しかし、再開したからにはキッチリ旅を楽しんでやるぅ!

西~北オーストラリアの旅ですが、
ツアー料金を含め、物資もちょいと高めな感じに思いました。
物にもよりますが、インポートする都市(たぶん東海岸沿いの都市?)の関係か、
流通しているチェーンのスーパー(ウールワース、コールズ)で売っている製品、
ぶっちゃけシドニーが一番安いと思いました。
同じチェーンでも場所によって、値段と製品ラインナップが(若干)違います。
よって、シドニーから旅を始めて、アレ?これ値段あがってる?と思うことしばし。
ま、野菜とかフルーツは各地で有名な〇〇マーケット系が1番安いんですがね。
それはさておき、西~北はやはり大自然!
西では海(エクスマウスだったかな?)でシュノーケリングしましたが、
結構むずいっスね、コレ。最初、全然呼吸ができませんでした。
また、足につける人口ヒレ?(名前忘れた)・・・・・全然前に進みません。
一応、時間が解決してくれましたが・・・・・結構楽しむまでに時間かかりました。
できるようになるとその便利さがわかりますがね、疲れても、浮いてるだけで溺れないし!
そして、うるる、カカドゥをはじめとする自然公園。
これがこの地域の醍醐味でしょう。
日差しがガン照りなのでかな~りキツイですが、それ以外に不安要素はなく
とりたてて健康状態云々~を気にするほど極悪な環境ではありませんでした。
真夏に行ってたら違うとこに逝けるくらいに厳しいのかもしれませんが・・・・・
ただ、効率は悪いですが、アレコレと回るんだったら一度に回ってしまうともったいないかも。
なんというか、感動が薄れます。
自然公園の場合、場所が変われどやることはほぼ一緒。
多少歩いて・・・・・で、湖ついたら泳ぎませう!って感じなんで、
1度や2度ならまだしも、何度もあるとちょいと飽きが入ります。
どうせなら、色々なとこをもっと歩き回らせて欲しかったところですが、
だいたい日に2~3回湖に向かってGo!そしてスイミングタ~イム各1時間って感じです。
結構時間をせこく使ってないか?と個人的には思いながら(3箇所行ったら計3時間近く休憩時間)
のツアーでございました。
基本、移動ツアーか現地ツアーかの違いはありますが、
自然公園はツアー利用が一般的なんで、レンタカーを駆るツワモノ以外はそうなります。
また、ツアーでしか入れない(現地ガイド付必須)場所もありますしね。
ま、ちょいと内容に改善を求めたい気もしましたが、
おおむね楽しめました・・・・・人にたかってくる蝿と飽きのくる朝・昼の飯以外は。
殺虫剤にて大量に蝿をポアってやりたかったのですが・・・・・無念であります。
次にこの地へ行く方にこの意志を託します・・・・・

かの有名な「うるる」では当日が風の強い日だったため、登山禁止!
くっ、なんてタイミングの悪い!!ただ、盗聴・・・もとい、登頂って
かな~り傾斜のキツイ坂?(道・・・ってほどは整備されてない)を上っていくようです。
周りを歩いたんですが、どっから登るのかサッパリわかりませんでした。
あと、知らない方もいると思いますが、うるるは世界最大の一丸岩ではなく、
本当の世界最大の一丸岩は西オーストラリアにあります。
結構ツアー客の中にも知らない人がいましたんで、マメ知識として。
うるる程知名度が無いですけどね・・・・・

まぁ、そんなこんなで、白いスニーカーが怪しいピンク色に染まり(赤土)、
履けば履くほど足が汚れる!くらいに靴が汚染されてから、この地を後にしました。
もちろん、ひっそりとこの靴はゴミ箱に放置プレイかましてきましたがね?
裏がバッカンバッカンに開くようになって壊れましたしね。
もう用済みなのだよ、キミは・・・・・ご冥福をお祈りします。

しかし、早いネット環境って良いっスね。
(シドニーのエージェントオフィスより)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

青いどらねこ

Author:青いどらねこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。